住宅

快適な生活を送るためにリフォームを│会社を紹介してもらう

コーティングの種類

部屋

新築の一戸建てやマンションの場合、フローリングやピカピカで、傷1つありません。フローリングが綺麗だと、清潔感がありますし、見た目も良いです。しかし、生活をしていると、家具の移動や日焼けなどで、どうしても傷や汚れがついてしまいます。フローリングの綺麗な状態を維持したいという方は、東京でフロアコーティングを行なうと良いでしょう。東京でフロアコーティングを行なうメリットは、綺麗な状態を維持できることです。フローリングの表面をコーティング剤で保護することで、傷や汚れから守ることができます。フローリングにはワックスというイメージが強かったのですが、ワックスの場合は、半年程度で塗り替えなければなりません。しかし、フロアコーティングなら、3年~20年以上使い続けることができるので手間がかからないのです。また、長期的に見ると、ワックスより割安になるのです。

東京でフロアコーティングを行なうなら、コーティングの種類を知っておいたほうが良いです。種類によって、耐久年数や特徴は異なります。UVカット効果や、酸化による劣化を防ぐ効果があるのが、ガラスコーティングです。強力なガラス塗膜を使用するので、耐久年数は20年以上と長いです。乾燥時間や養生期間を短くしたいという方は、UVフロアコーティングを選ぶと良いでしょう。紫外線を照射することで、すぐに固まります。ガラスコーティングよりも硬度は下がりますが、耐久年数は20年以上と長いです。他にも、シリコンフロアコーティングやウレタンフロアコーティングなどがあるので、目的に合ったものを選ぶと良いでしょう。